#13 by kunitachiCampaign / 2013.05.26
イベント

学習会 弁護士に聞いてみよう!住基ネット裁判 ―地裁判決を市民の力ではね返そうー

学習会

弁護士に聞いてみよう!住基ネット裁判

―地裁判決を市民の力ではね返そうー

日 時 2013年5月30日(木)19:00~21:30

場 所 国立市公民館地下ホール

(JR国立駅南口・富士見通り南沿い5分)

講 演 『国立市で続いている住民訴訟の経過と展望』

清水 勉さん(弁護士/住基ネット再接続経費訴訟・補助参加代理人)

報 告 『任期中の経緯と地裁判決への意見』

関口 博さん(前市長)

『住基ネット切断に至る過程と3400万訴訟について』

上原公子さん(元市長)

主 催 住基ネットも共通番号もいらない!くにたちの会

070-5568-2145 juki_kunitachiあっとyahoo.co.jp (「あっと」は「@」に置き換えてください)

さる3月26日、「国立市が住基ネットメンテナンス費用として2011年度に支出した約40万円を、関口前市長個人が国立市に支払え」という地裁判決が出ました。

この裁判だけでなく、さらに上原元市長と関口前市長の両氏に住基ネットの再稼動費用3400万円を負担させろという、市民感覚としてはちょっと考えられない訴訟も始まっています。

国立市で続いているこれら住民訴訟って、どこが変なのか?弁護士の話を聞いてみませんか。そして市民自治を押さえつける行為に、NO!の声を上げていきましょう。

 まえの記事 «   » つぎの記事