#5 by ritsuo / 2013.03.12
ニュースレター

ふつうのおじさんたち ニュースレター #0005

  • 第2次おじさんたち訴訟は、1/22結審しました。
  • 判決は3月26日(pm1:25東京地裁705)です(後述)。

第3次おじさんたち訴訟が本格化

前号でもお知らせした、おじさんたち訴訟シリーズ第3弾の法廷が、明2月22日午前、東京地裁で開かれます。

急ですが、可能な方はぜひ、傍聴をお願いしま~ぁす!

  • 2月22日(金) am.10:30~
  • 東京地裁 705号法廷

国立市に対するおじさんたちの住民訴訟として、市が「住基ネット再接続」に要した費用4300万円を上原元市長と関口前市長に、請求するように求めるもの。

原告はおじさんたち、被告は国立市です。前・元市長の上原さん、関口さんは補助参加人としてこの訴訟に関わることになります(ただし、補助参加人の本格的参加は22日の法廷後となるそうです)。

前回(1/22)、被告国立市から出された「答弁書」は、

  • 接続費用の支出に財務会計上の違法性はないこと
  • 「接続費用の支出」そのものを「違法」だと主張している原告の論理展開は自己矛盾を含んでいること

などを反論しているそうです。

現市長側の反論で、訴訟の構図が変わったらしい

従来のおじさんたち訴訟の構図は、

  • 上原元市長・関口前市長
  • VS
  • おじさんたち+現市長

でした。だけど今回の第3次おじさんたち訴訟は、どっちかと言えば

  • 現市長+上原元市長・関口前市長
  • VS
  • おじさんたち

になってるみたいです。

先日、国立市民の学習会では、この構造的な変化の持つ意味の分析が、中心的テーマのひとつになり、いろいろと興味深い意見がでてました。これからのジモトでの展開がおもしろくなりそう!

第2次おじさんたち訴訟・判決言渡しの予定

  • 3月26日(火) pm.1:25~
  • 東京地裁 705号法廷
 まえの記事 «   » つぎの記事